[0030] データウェアハウス

平成12年度春期 (旧)第2種情報処理技術者試験より
 データウェアハウスについて記述したものはどれか。
情報システムで利用するデータを管理することである。データの無駄な重複をなくしたり、部門ごとにバラバラだったデータを一元管理したりすることによって、データ資源を把握しやすくする。
データのもつ冗長性を除くことによって、データ量を削減する技術である。画像を処理するイメージ処理では、取り扱うデータ量が膨大になるので必須技術である。
目的に応じ編成された時系列データの集まりであり、様々な視点から情報活用、分析を行えるので、意思決定支援に有効である。
利用者間のコミュニケーションや情報の共有を実現し、グループによる作業を効率化するソフトウェアである。

正解

関連する(かもしれない)問題