[0189] 暗号化,公開鍵方式,共通鍵方式

平成12年度春期 初級システムアドミニストレータ試験より
データの伝送における暗号技術に関する記述のうち、適切なものはどれか。
暗号化及び復号する際のかぎの方式として主に“公開かぎ方式”と“比較かぎ方式”が使用されている。
データを暗号化して伝送することによって、情報の漏えい及びデータの破壊を防止することができる。
電子決済や電子マネーでのユーザ認証に使われる電子署名には、公開かぎ方式を使った暗号技術が用いられる。
不特定多数の相手とデータを交換するときに適しているのは、共通かぎ方式を使った暗号化である。

正解

関連する(かもしれない)問題