[0140] 線形探索,平均探索回数

平成12年度秋期 (旧)第2情報処理技術者試験より
相異なるn個のデータが昇順に整列された表がある。この表を1ブロックm個に分割し、各ブロックの最後尾のデータだけ線形探索することによって、目的のデータの存在するブロックを探し出す。次に当該ブロック内を線形探索して目的のデータを探し出す。このときの平均探索回数はどれか。ここで、 m<nとし、目的のデータは必ず表の中に存在するものとする。

正解

関連する(かもしれない)問題