[0271] 予防保守

平成13年度春期 初級システムアドミニストレータ試験より
予防保守に関する説明として、適切なものはどれか。
サーバが何らかの原因でハングアップしたとき、自動的にシステムをリセットし、再起動する。
サーバにバッテリーを内蔵しておき、瞬断のような短時間の電圧低下が発生してもサーバがダウンしないようにしておく。
ハードディスク装置などの自動訂正済みエラーを分析することで、故障の前兆をとらえて部品をあらかじめ交換する。
メモリモジュールをあらかじめ複数挿入しておき、どれかが故障した場合には、そのモジュールを論理的に切り離して起動する。

正解

関連する(かもしれない)問題