[0018] マクロウイルス

平成12年度秋期 初級システムアドミニストレータ試験より
 ネットワークに接続したパソコンのウイルス対策に関する記述のうち、最も適切なものはどれか。
FTPでダウンロードした文書ファイルはマクロウイルスに感染しないので、ネットワークプロトコルをFTPに統一することが有効である。
電子メールに添付された日本語ワープロの文書ファイルから感染することはないので、日本語ワープロの文書ファイル以外の添付ファイルを開かないようにする。
電子メールに添付されたファイル、出所不明のフロッピーディスク、CD-ROMに格納されたファイルを使用する前に、ワクチンソフトでチェックすれば、ウイルス感染を防止できる。
電子メールの発達によって感染が急速に広まるようになったので、ワクチンソフトのウイルス定義ファイルを定期的に更新することが重要になっている。

正解

関連する(かもしれない)問題