[0306] ADSL

平成13年度秋期 初級システムアドミニストレータ試験より
ADSLに関する記述として,適切なものはどれか。
既存の電話回線(ツイストペア線)を利用して、上り下りの速度が異なる高速データ伝送を行うことができる。
固定的に設置した無線方式の加入者線であり、長距離伝送が実現できるので、過疎地にも適している。
双方向のCATV回線を用い、アナログのテレビ映像とデータを周波数多重化して伝送を行う。
光ファイバケーブルを家庭まで敷設し、電話やISDN、CATVなどの各種通信サービスを提供する。

正解

関連する(かもしれない)問題