[0463] サーバ統合時の運用

平成15年度春期 初級システムアドミニストレータ試験より
各支店に分散配置されている多数のサーバを,情報システム部門のサーバに統合することになった。各支店のシステムアドミニストレータが配慮すべき点として,適切なものはどれか。
運用時間帯の自由度がなくなるなど,業務運用に支障が生じないように,現場及び情報システム部門との調整を十分に行う。
各支店のサーバの増強・追加やバージョンアップは不要になるが,運用が複雑になるので,各支店の要員を強化する。
障害時の復旧が不可能になってしまうので,その回復方法を利用部門と十分に検討する。
利用部門のシステム運用負荷が増大するので,運用ツールを整備して,運用の自動化を図る。

正解

関連する(かもしれない)問題