[0606] 在庫評価額

平成16年度春期 初級システムアドミニストレータ試験より
商品有高帳から,期末在庫品を先入先出法で評価した場合の在庫評価額は何千円か。
123
138
150
168

正解

解説

 在庫評価額を求める問題です。

 商品有高帳(しょうひんありだかちょう)とは,商品を仕入れたとき(受入),商品を売り上げたとき(払出)など取引が発生した際に,商品単位で数量,原価などを記録して,商品の移動を明確にするための帳簿です。取引の発生ごとに記録するので,過去に受入単価が変動しているような場合でも,在庫の数量や原価がわかります。

 在庫評価額の評価方法はいくつかありますが,先入先出法はその名の通り,先に受入した商品を先に払出していくという考え方で在庫を評価します。



 問題では,期末有高が12であることから,今期仕入高1 + 2 + 3 + 4 = 10と,期首有高の内,2が払出されずに残っていることになります。

 在庫評価額は,

    [在庫評価額] =
     [期首有高在庫数量] × [期首有高受入単価] +
     [4月仕入高在庫数量] × [4月仕入高受入単価] +
     [6月仕入高在庫数量] × [6月仕入高受入単価] +
     [7月仕入高在庫数量] × [7月仕入高受入単価] +
     [9月仕入高在庫数量] × [9月仕入高受入単価]
 で求められますので,以下のような計算になります。

    150千円 =
     2 × 10千円 +
     1 × 11千円 +
     2 × 12千円 +
     3 × 13千円 +
     4 × 14千円
 以上より,正解はウの150となります。
※ 解説の内容は執筆時点のものであり,含まれている情報の正確性,妥当性について保証するものではありません。ご注意ください・・・

関連する(かもしれない)問題