[0583] セキュリティ対策

平成14年度秋期 基本情報処理技術者試験より
セキュリティ技術に関する記述のうち,適切なものはどれか。
地震や火災に対しては,フォールトトレラント方式のコンピュータによるシステムの二重化が有効である。
データの物理的な盗難や破壊に対しては,ディスクアレイシステムやファイアウォールが有効である。
伝送中のデータへの不正アクセスに対しては,HDLC プロトコルの CRC 方式が有効である。
メッセージの改ざんやなりすましによる不正アクセスに対しては,公開かぎ暗号方式を応用したディジタル署名が有効である。

正解

関連する(かもしれない)問題