[0579] データバックアップ作業

平成14年度秋期 基本情報処理技術者試験より
データバックアップ作業に関する記述のうち,適切なものはどれか。
バックアップからの復旧時間を最小化するために,差分バックアップを採用するのが最も有効な方法である。
バックアップ作業時間を最小化するために,同一記憶媒体内にバックアップデータを置くことが,最も有効な方法である。
バックアップ処理を正常に終わらせるために,バックアップ処理と業務処理が重ならないようにスケジューリングするべきである。
バックアップ用媒体は,磁気テープなどのランダムアクセスが可能な媒体にすべきである。

正解

関連する(かもしれない)問題