[0543] 工数配分

平成15年度秋期 初級システムアドミニストレータ試験より
あるプロジェクトの工数配分は表のとおりである。基本設計からプログラム設計までは計画どおり終了した。プログラミング段階に入り 3,000本のプログラムのうち 1,200本が完了したところである。現在のプロジェクト全体の進捗度は何%か。

40
44
54
59

正解

解説

 工数配分とは,システム開発の開始から終了に至るまでの全工程に対する,各工程での工数(作業量,作業人数と作業時間の積で表す)の割合です。システムの内容,技術,体制,開発方法論などによって工数配分は変わってきますが,問題文の工数配分表をその一例としてみると,いろいろと発見があると思います。

 問題文の工数配分は全体を 1 としたときの配分で表されているので,プログラミング設計が完了した時点で,
    [基本設計]0.08 + [詳細設計]0.16 + [プログラミング設計]0.20 = 0.44
進捗率は 44% となります。現在では,ここからさらにプログラミング工程に入っており, 3,000本のうち 1,200本のプログラムが完了しているので,この時点までの進捗は,
    0.44 + ( [プログラミング]0.25 × 1,200 ÷ 3,000 ) = 0.44 + 0.10 = 0.54
進捗率は 54% であり,ウが正解となります。
※ 解説の内容は執筆時点のものであり,含まれている情報の正確性,妥当性について保証するものではありません。ご注意ください・・・

関連する(かもしれない)問題