[0504] プログラム実行時間

平成14年度春期 基本情報処理技術者試験より
数値演算処理を行うサブプログラムAでは,合計 100,000命令が実行される。このサブプログラムで実行される演算命令に必要なクロックサイクル数と,各演算命令の構成比率は,表のとおりである。クロック周波数が 100MHzのプロセッサでサブプログラムAを実行するために必要な時間は何ミリ秒か。

0.4175
3.38
41.75
338

正解

解説

 サブプログラムA の実行命令数は 100,000 で,これらを構成する命令の必要クロック数と構成比率が示されています。構成比率は%(パーセント)で表示されているので,まずは,100命令あたりの必要サイクル数を求め,その後 100,000命令での実行時間を計算します。

 まず,100命令あたりの必要サイクル数を計算します。




 100命令で 338クロックなので,100,000命令では,
    338[クロック] × 1,000 = 338,000[クロック]
 プロセッサのクロック周波数が 100MHz なので,1クロックの時間は,
    ( 1 ÷ 100,000,000 ) = 1/100,000[ミリ秒]
 よって,100,000命令での実行時間は,
    338,000[クロック] × 1/100,000[ミリ秒] = 3.38[ミリ秒]
 したがって,イが正解となります。
※ 解説の内容は執筆時点のものであり,含まれている情報の正確性,妥当性について保証するものではありません。ご注意ください・・・

関連する(かもしれない)問題