[0484] 原価計算

平成15年度春期 初級システムアドミニストレータ試験より
原価計算において,原価要素となるものはどれか。
寄付金 
材料費
社債利息
特別損失

正解

解説

 原価とは,企業が製品やサービスを生みだすために使用した資源を金額で表したものです。その原価を計算すること,およびその手続を,原価計算といいます。

 原価は,以下の 3要素に分類して考えることができます。
  • 材料費 ・・・ 材料,部品など,物品を使用することによって生じるもの
  • 労務費 ・・・ 給与,福利厚生など,労働力を使用することによって生じるもの
  • 経費  ・・・ 水道光熱費や工場の賃貸料のなど,材料費と労務費以外のもの
 この材料費,労務費,経費は「原価の三要素」と呼ばれ,製品の製造にかかる原価は,すべてこの分類のなかに属します。

 それでは選択肢を見ていきましょう。

 寄付金 
原価要素ではありません。

 材料費
原価要素です。

 社債利息
社債は会社が発行する債権です(簡単に言えば会社の借金)。社債利息はその借金に対する利息です。原価要素ではありません。

 特別損失
特別損失は,通常の事業運営では発生しない例外的な損失のことです。原価要素ではありません。


 よって,イが正解となります。
※ 解説の内容は執筆時点のものであり,含まれている情報の正確性,妥当性について保証するものではありません。ご注意ください・・・

関連する(かもしれない)問題