[0405] HTMLタグ

平成14年度秋期 初級システムアドミニストレータ試験より
HTMLのタグの使用法に関する記述のうち,適切なものはどれか。
Webページの表題を定義するには,<LABEL>を用いる。
Webページの本文の記述には,<BODY>を用いる。
Webページの文字の大きさ,太さなどの指定には,<BIG>を用いる。
Webページを複数の枠に分けるには,<FORM>を用いる。

正解

解説

 HTML文章は,タグと呼ばれる記号を文章中に埋め込むことで文章および文章構造や装飾を記述するマークアップ言語のひとつです。ブラウザで表示するWebページを記述するために使用されています。

 HTML文章の構造は,一番外側に,HTML文章であることを表す<HTML>~</HTML>タグがあります。HTMLタグの内側には,文章のヘッダ情報を表す<HEAD>~</HEAD>タグ,文章の本文を表す<BODY>~</BODY>があります。その他,タグは多数ありますが,下図で用いられているタグは覚えておいたほうが良いかもしれません。



 それでは選択肢をみていきましょう。


 Webページの表題を定義するには,<LABEL>を用いる。
表題(タイトル)の定義には,<TITLE>~</TITLE>タグを用います。

 Webページの本文の記述には,<BODY>を用いる。
正しい記述です。

 Webページの文字の大きさ,太さなどの指定には,<BIG>を用いる。
文字の大きさは<FONT>~</FONT>タグ,太字の指定は<B>~</B>タグを用います。

 Webページを複数の枠に分けるには,<FORM>を用いる。
ブラウザの表示を複数の枠に分けるには<FRAMESET>~<FRAME>~</FRAMESET>タグを用います。<FORM>タグは,その範囲内に記述されている<INPUT>タグのデータをCGIへ渡すときに用います。


 以上より,イが正解となります。
※ 解説の内容は執筆時点のものであり,含まれている情報の正確性,妥当性について保証するものではありません。ご注意ください・・・

関連する(かもしれない)問題