[0384] 状態遷移図

平成13年度春期 基本情報処理技術者試験より
状態遷移図の説明として、適切なものはどれか。
階層構造の形でプログラムの全体構造を記述する。
時間の経過や状況の変化に基づいて、そのときの動作を記述する。
システムの機能を概要から詳細へと段階的に記述する。
処理間のデータの流れをデータフロー、処理、データストア及び外部の四つの記号で記述する。

正解

解説

 状態遷移図とは、ある事物が、さまざまなイベントによって状態が移り変わる様子を表現した図です。一般的に、状態を丸印、状態の移り変わりを矢印で表現します。

 下図は、信号機の青赤黄が点灯する様子を状態遷移図で表したものです。赤の状態から 60秒経過すると青色になり、さらに 60秒経過すると黄色、その 3秒後には赤色となることが読み取れます。



 それでは選択肢を見ていきましょう。

 階層構造の形でプログラムの全体構造を記述する。
HIPOの説明です。

 時間の経過や状況の変化に基づいて、そのときの動作を記述する。
状態遷移図の説明です。

 システムの機能を概要から詳細へと段階的に記述する。
HIPOの説明です。

 処理間のデータの流れをデータフロー、処理、データストア及び外部の四つの記号で記述する。
DFDの説明です。


 よって、イが正解となります。
※ 解説の内容は執筆時点のものであり,含まれている情報の正確性,妥当性について保証するものではありません。ご注意ください・・・

関連する(かもしれない)問題