[0364] カーソル

平成14年度春期 初級システムアドミニストレータ試験より
関係データベースにおけるカーソルの用途として、適切なものはどれか。
アプリケーションプログラムからのデータベース操作
対話的なデータベース操作
データベース利用者の認証
ビュー定義

正解

解説

 関係データベースへSELECT文などを投げた際、実行結果は常に1行ということはなく、当然ながら複数行になる場合があります。



 SQLクライアントソフトなどで対話的にSQLを投げる場合、データベースにSELECT文を投げる、(複数行の)実行結果を受け取って表示する、という動作は1回のアクセスで完了しているように見えますが、内部的にはクライアント側から実行結果を1行ずつ順にデータベースから取得していると考えてください。

 実行結果を順次読み込んでいくために、データベース上では、検索結果に対する読み込み行の現在位置などの情報を一時的に保管しており、これをカーソルと呼びます。



 以上より、アが正解となります。
※ 解説の内容は執筆時点のものであり,含まれている情報の正確性,妥当性について保証するものではありません。ご注意ください・・・

関連する(かもしれない)問題