[0344] 出向,パートタイム,派遣

平成13年度秋期 初級システムアドミニストレータ試験より
労働者の就労に関して、雇用関係とは別の指揮命令に服することになるのはどれか。
移籍出向
請負
パートタイム
派遣

正解

解説

 まずは、移籍出向、請負、パートタイム、派遣について説明します。

■ 出向(移籍出向)

 業務命令により、関連会社や子会社などに配置転換することを出向といいます。移籍出向は、出向元の会社を離職してから出向先で勤務する形態です。出向元に在籍しながら出向先へ勤務する形態は、在籍出向といいます。


■ 請負

 仕事の完成を目的とし、それに対して報酬を支払う仕事の形態を請負といいます。注文する側と請け負う側に雇用関係がないことに注意してください。


■ パートタイム

 1週間の所定労働時間が、その会社の正社員の所定労働時間よりも短くなるような雇用の形態です。パートタイマであるかどうかは作業の内容ではなく、労働時間の長さによって決定される、ということに注意してください。


■ 派遣

 派遣会社と契約している労働者が、別の会社へ派遣される雇用形態です。派遣社員は、派遣会社と雇用契約を結び、派遣先の会社でもその雇用関係は継続されますが、派遣先の会社の指示命令をうけて就業することになります。


 請負と派遣は間違いやすいので注意しましょう。派遣契約では、派遣先と、派遣会社が雇用している労働者との間に指揮命令権がありますが、請負契約では指揮命令権がありません。



 以上より、エが正解となります。
※ 解説の内容は執筆時点のものであり,含まれている情報の正確性,妥当性について保証するものではありません。ご注意ください・・・

関連する(かもしれない)問題