[0342] 部品表

平成13年度秋期 初級システムアドミニストレータ試験より
製品A は部品表に示す部品から構成されている。この製品A を 10個生産する場合、部品C の手配数は何個になるか。ここで、( )内の数字は単位所要量であり、部品C の在庫は 5個とする。

10
15
20
25

正解

解説

 部品表とは、製品で使用する部品を一覧表やツリー図で表したものです。部品表は、単なる製品の設計情報というだけではなく、コスト計算や部品の手配などにも利用されています。

 問題文の部品表は、以下のように読み取ります。

・製品A を 1つ製造するには、部品B が 2個、部品C が 1個必要。
・部品B を 1つ製造するには、部品D が 1個、部品E が 1個、部品C が 1個必要。

 したがって、製品A を 1個製造するために必要なすべての部品は、右図の赤字部のようになります。ツリーの最下部に示された部品D、E、C の部品数がそれぞれ 2 となることに注意してください。

 製品A を 10個製造する場合、必要となる部品は、下図のようになります。



 部品C は 30個必要となります。問題文では、部品C の在庫数が 5個とあるので、差し引き 25個を手配しなければなりません。

 よって、エが正解となります。
※ 解説の内容は執筆時点のものであり,含まれている情報の正確性,妥当性について保証するものではありません。ご注意ください・・・

関連する(かもしれない)問題