[0315] SQL(集計関数)

平成13年度秋期 初級システムアドミニストレータ試験より
“出庫記録”表に対するSQL文のうち、最も大きな値が得られるものはどれか。

SELECT AVG(数量) FROM 出庫記録 WHERE 商品番号 = ’NP200’
SELECT COUNT(*) FROM 出庫記録
SELECT MAX(数量) FROM 出庫記録
SELECT SUM(数量) FROM 出庫記録 WHERE 日付 = ’20001011’

正解

解説

 SQLで使用される関数の問題です。

 問題文の関数 AVG()、COUNT()、MAX()、SUM() は集計関数と呼ばれ、複数のレコードに対して集計操作の実行結果を返します。AVG()は平均値、COUNT()はレコード数、MAX()は最大値、SUM()は合計値です。

 それでは、各選択肢の SQL の実行結果を考えてみましょう。

 [SELECT AVG(数量) FROM 出庫記録 WHERE 商品番号 = ’NP200’]


 [SELECT COUNT(*) FROM 出庫記録]


 [SELECT MAX(数量) FROM 出庫記録]


 [SELECT SUM(数量) FROM 出庫記録 WHERE 日付 = ’20001011’]



 もっとも大きい値をとるのは、COUNT()を利用したSQLです。よって、イが正解となります。
※ 解説の内容は執筆時点のものであり,含まれている情報の正確性,妥当性について保証するものではありません。ご注意ください・・・

関連する(かもしれない)問題