[0308] 表計算,件数関数

平成13年度秋期 初級システムアドミニストレータ試験より
表計算ソフトを使って、20人分のアンケートを集計する。セルC23 に入れるべき式はどれか。セルC23 の式は、範囲C23 ~ L27 に複写する。

[アンケートと集計の方法]
アンケートは Q1 ~ Q10 の 10項目の質問から構成される。各質問には 1 ~ 5 の 5段階評価で回答してもらい、回答を表のように1人1行で入力する。集計は各質問について 1 ~ 5 の回答のそれぞれの個数を、件数関数を使って求め、その結果を C23 ~ L27 に表示する。

[件数関数の仕様]
形式:件数( e1,e2 )
e1: セル範囲
e2: 値又はセル参照
機能:e1で指定された範囲内のセルで、e2 で示される値と同じセルの個数を返す。

件数( C$2 ~ C$21,A$23 )
件数( C$2 ~ C$21,$A23 )
件数( $C2 ~ $C21,A$23 )
件数( $C2 ~ $C21,$A23 )

正解

解説

 セルC23 は、アンケート回答が入力された範囲 C2 ~ C21 のうち、集計対象値「1」が入力されたセルA23 の値と同値のセルの個数が入ります。このセルの計算内容を、縦に 27行目、横に L列目までコピーしていきます。



 件数( e1,e2 )の e1 に相当する、アンケート回答が入力された範囲は、以下のように参照しなければなりません。
  • 縦方向にコピーする場合、行番号がずれないよう、行番号を絶対参照
  • 横方向にコピーする場合、列番号がずれるよう、列番号を相対参照
 件数( e1,e2 )の e2 に相当する、集計対象値が入力されたセルは、以下のように参照しなければなりません。
  • 縦方向にコピーする場合、行番号がずれるよう、行番号を相対参照
  • 横方向にコピーする場合、列番号がずれないよう、列番号を絶対参照
 よって、セルC23 には、件数( C$2 ~ C$21,$A23 )を入力することになります。イが正解です。
※ 解説の内容は執筆時点のものであり,含まれている情報の正確性,妥当性について保証するものではありません。ご注意ください・・・

関連する(かもしれない)問題