[0288] MIPS

平成11年度秋期 (旧)第2情報処理技術者試験より
50MIPS のコンピュータで、3,000万個の命令を実行する場合の予想処理時間は何秒か (小数第 3 位を四捨五入する)。ここで、プロセッサの使用率は 70%とし、OS のオーバヘッドは考えないものとする。
0.42
0.60
0.86
1.17

正解

解説

 まずは MIPS について説明します。

■ MIPS(Million Instructions Per Second)

 CPU性能評価のための単位で、CPUが1秒間に実行できる命令数を百万単位で表したものです。1MIPSのCPUであれば、1秒間に1,000,000回の命令を実行できるスピードを持っていることになります。


 それでは、処理時間を計算していきましょう。50MIPS では、1秒間に 5,000万個もの命令を実行できる能力を持っていることになります。プロセッサの使用率は 70%なので、1秒間に実行できる命令数は、
    50,000,000[命令/秒] × 0.70 = 35,000,000[命令/秒]
です。したがって、3,000万個の命令を実行するための時間は、
    30,000,000[命令/秒] ÷ 35,000,000[命令/秒] = 0.857・・・[秒]
 よって、0.86 のウが正解となります。
※ 解説の内容は執筆時点のものであり,含まれている情報の正確性,妥当性について保証するものではありません。ご注意ください・・・

関連する(かもしれない)問題