[0202] マークアップ言語,XML

平成12年度秋期 初級システムアドミニストレータ試験より
属性Nに対応するデータを、開始を表すタグ<N>と終了を表すタグ</N>で囲み、更に、これらを連結したり入れ子にしたりすることによって、階層構造をもつデータを表現する規格がある。A社では、この規格に従い、次の規則(1)~(3)を用いて論文を構成することにした。

(1)  論文は、ヘッダと本文から構成される。
(2)  ヘッダは、表題と著者情報から構成される。
(3)  著者情報は、名前と所属から構成される。

これらの構成規則に従うとき、情報システム部の山田太郎氏が作成した“新しい文書管理について”という論文のヘッダとして、正しいものはどれか。
<ヘッダ>
  <著者情報>
    <表題>新しい文書管理について</表題>
    <名前>山田太郎</名前><所属>情報システム部</所属>
  </著者情報>
</ヘッダ>
<ヘッダ>
  <表題>新しい文書管理について</表題>
  <著者情報><名前>山田太郎</名前></著者情報>
  <所属>情報システム部</所属>
</ヘッダ>
<ヘッダ>
  <表題>新しい文書管理について</表題>
  <著者情報>
    <名前>山田太郎</名前><所属>情報システム部</所属>
  </著者情報>
</ヘッダ>
<ヘッダ>
  <表題>新しい文書管理について</表題>
  <名前>山田太郎</名前>
  <著者情報><所属>情報システム部</所属></著者情報>
</ヘッダ>

正解

解説

 マークアップ言語に関する問題です。

 マークアップ言語とは、あらかじめ定義されたタグなどを利用して、データの文字列とその属性情報を表現していく言語(データ表現方法)です。例えば、マークアップ言語として有名な HTML では、その文章のタイトルを、タイトル属性 <TITLE> ~ </TITLE> で囲んで表現します。これによってブラウザは、<TITLE> ~ </TITLE> で囲まれた文字列をその文章のタイトルと判断し、本文中ではなくタイトルバーへそのデータを表示する、といったような制御ができるようになります。

 この問題も、タグ記号を用いて論文データの文章構造を記述しようとしているので、マークアップ言語のひとつといえるでしょう。

 それでは、タグを用いて論文データがどのように記述できるか考えていきます。以下の図は、規則(1)~(3)で示された文章構造を図で表したものです。



 この問題では HTMLと同じように、属性情報を <属性>データ</属性> で表現します。上図の各ブロックは属性を表しているので、ヘッダ内のブロックの始端を<属性>、終端を </属性> で囲むと次のようになります。



 したがって、このタグの構造に一致する正答の選択肢は、ウとなります。
※ 解説の内容は執筆時点のものであり,含まれている情報の正確性,妥当性について保証するものではありません。ご注意ください・・・

関連する(かもしれない)問題