[0174] ホスト集中型システム,分散型システム

平成13年度春期 初級システムアドミニストレータ試験より
分散型システムとホスト集中型システムを比較した説明として、適切なものはどれか。
分散型システムでは、ネットワークやコンピュータヘの違法な侵入を防ぐために、暗号化・認証などホスト集中型システムでは不要な対策が必要になる。
分散型システムでは、ホスト集中型システムと異なり、ユーザIDによって,ユーザごとの資源の利用状況を把握したり、ユーザの不当なアクセスを監視したりする必要が生じる。
分散型システムは、構成機器だけでなく処理自体も分散されるので、システム管理が複雑化し、障害時の原因追求に時間がかかる。
ホスト集中型システムを分散型システムとして再構築すると、ダウンサイジングの効果によって運用・保守コストは確実に低減する。

正解

解説

 ホスト集中型システムと分散型システムに関する問題です。

 ホスト集中型システムと分散型システムとは、システムの処理形態による分類です。ホスト集中型システムとは、全ての機能を1台のコンピュータで集中して処理する方式のシステムです。分散システムとは、複数のコンピュータをネットワークで統合し、機能やその負荷を分散して処理する方式のシステムです。



 ホスト集中型システムと分散型システムの特徴を、機械的に暗記するだけでは応用問題に対応できなくなるので、じっくりと考えてみましょう。

 処理能力については比較しにくい局面もありますが、クラスタリング技術を駆使した分散型システムは、現在、脚光を浴びています。処理能力の向上が必要になったとき、分散型システムであれば、コンピュータの台数を増やして、システム全体の負荷を容易に軽減できるという特徴があります。ホスト集中型システムであれば、そのコンピュータ自体が持っている拡張能力が、処理能力の限界となります。

 システムに新しく機能を追加する場合、ホスト集中型システムでは、既存のシステム上に新しい機能追加を行うので、新機能の処理が、既存の処理に影響を与えないかどうか十分に検討する必要があります。分散型システムであれば、新機能は新しく追加するコンピュータ上で処理すればよいので、ホスト集中型システムと比べると、柔軟性が高いと云えるでしょう。

 また、分散型システムは、システムの機能を、さまざまなコンピュータへ分散しているので、あるコンピュータがハードウェアトラブルで停止したとしても、その他のコンピュータで処理している機能までは、影響が及びにくくなります。ホスト集中型システムであれば、ハードディスクがクラッシュしてしまえば、そのコンピュータで稼動している機能、すなわち全ての機能が停止することになります。

 しかし、ホスト集中型システムにも長所があります。ホスト集中型システムは、1台のコンピュータで集中的に管理するため、システムの管理はその一台で済みます。例えば、コンピュータウィルスの感染を防ぐため、ソフトウェアをバージョンアップする、という場合は、ホスト集中型システムでは、1台のみに適用すればよいですが、分散型システムでは、全てのコンピュータに適用する必要があるため、システム管理者にとっては大変な作業となります。

 同様に、データの機密性を保つには、ホスト集中型コンピュータの方が楽です。ホスト集中型コンピュータであれば、1台のコンピュータのデータを保護すればよいですが、分散型システムであれば、すべてのコンピュータに同様の対策を行う必要があるので、同等の機密性を持ったシステムを構築するのであれば、ホスト集中型システムの方が容易です。



 それでは選択肢をみていきましょう。

 分散型システムでは、ネットワークやコンピュータヘの違法な侵入を防ぐために、暗号化・認証などホスト集中型システムでは不要な対策が必要になる。
ホスト集中型システムでも、暗号化・認証のセキュリティ対策は必要です。ホスト集中型システムであれば、その対策を 1台だけに行えばよいので、「比較的楽」というだけです。

 分散型システムでは、ホスト集中型システムと異なり、ユーザIDによって,ユーザごとの資源の利用状況を把握したり、ユーザの不当なアクセスを監視したりする必要が生じる。
選択肢アと同様、ホスト集中型システムでも、ユーザIDによるセキュリティ対策は必要です。

 分散型システムは、構成機器だけでなく処理自体も分散されるので、システム管理が複雑化し、障害時の原因追求に時間がかかる。
正しい記述です。

 ホスト集中型システムを分散型システムとして再構築すると、ダウンサイジングの効果によって運用・保守コストは確実に低減する。
分散型システムの方が、運用・保守コストはかかります。


 よって、ウが正解となります。
※ 解説の内容は執筆時点のものであり,含まれている情報の正確性,妥当性について保証するものではありません。ご注意ください・・・

関連する(かもしれない)問題