[0162] ビットマップ,回線利用率

平成12年度春期 初級システムアドミニストレータ試験より
縦横各10インチの画像を100ドット/インチ、8ビット(256色)カラーで読み込ませたビットマップデータがある。これをそのまま電話回線を介して500秒以内で伝送したいとき、モデムの伝送速度は最低何ビット/秒必要か。ここで、回線の利用率は1.0とする。
9,600
14,400
28,800
56,000

正解

解説

 まずは、問題を解く上で必要な用語の説明をします。

 ビットマップデータとは、細かい色の粒(ピクセル)の集まりで作られた画像のデータ形式のことです。写真や手描きの絵など、いろんな色が混ざりあって全体を構成するような画像をコンピュータで表現する際に利用されます。

 回線の利用率とは、ある回線がどれぐらい効率的にデータ通信を行えているかを表す数字です。64kbpsの回線で、1秒当たり64kbのデータ通信が行えている場合、回線利用率は1.0(100%)です。半分の32kbのデータ通信しか行えていない場合、回線利用率は0.5(50%)です。

 それでは、問題を解いていきましょう。

 まず、ビットマップデータのサイズを計算します。8ビットカラーの画像なので、1ドットにつき8ビットの色情報が含まれているので、ビットマップデータのサイズは、
    (100[ドット/インチ]× 10[インチ]) × (100[ドット/インチ]× 10[インチ]) × 8[ビット]
    106 × 8[ビット]
 106 × 8[ビット]のデータを、500秒以内に転送します。転送速度を、x とすると、
    106 × 8[ビット]÷ ( x × 1.0[回線利用率] ) ≦ 500[秒]
    106 × 8 ÷ 500 ≦ x
    x16,000
よって、通信速度は、16,000bps以上あればよいので、ウの28,800 が正解となります。
※ 解説の内容は執筆時点のものであり,含まれている情報の正確性,妥当性について保証するものではありません。ご注意ください・・・

関連する(かもしれない)問題