[0092] CSMA/CD方式

平成12年度春期 (旧)第2情報処理技術者試験より
 CSMA/CD方式を用いたバス型LANの特徴として、適切なものはどれか。
各ノードは、フリートークンを受け取るまで通信ができない。
制御局に障害が発生すると、LANシステム全体が停止する。
通信量が増加した場合でも、一定時間内に通信できることが保証されている。
ノードは送出した信号の衝突を検知した場合、ランダムな時間だけ待機した後、信号を再送出する。

正解

解説

 CSMA/CD方式(Carrier Sence Multiple Access with Collision Detection)とは、伝送路が空いているか確認し(Carrier Sence)、空いていれば各自転送を開始し(Multiple Access)、衝突を検出した場合は再送する(Collision Detection)方式です。LANのアクセス制御方式として一般的に使用されていています。


■ CSMA/CD方式の動作


    (1) 伝送路が空いているか確認する
    (2) (1)で伝送路が空いていることが確認できれば、送出を開始する
    (3) (2)で送出したパケットの衝突が発生した場合、それを各ノードが検知する
    (4) (2)で送出したパケットを(タイミングをずらして)再送する



 それでは、選択肢を順にみていきましょう。

 各ノードは、フリートークンを受け取るまで通信ができない。
トークンを使ったアクセス制御方式は、トークンパッシング方式です。

 制御局に障害が発生すると、LANシステム全体が停止する。
ポーリング方式の説明でしょうか。ポーリング方式は、制御局となるコンピュータが各クライアントに対して、順番に送信データの有無を聞いていく方式です。

 通信量が増加した場合でも、一定時間内に通信できることが保証されている。
通信量が増加すると、各ノードから送出されるパケット数が増大し衝突が多発します。再送するパケットも衝突する可能性があり、一定時間に通信できる保証はありません。

 ノードは送出した信号の衝突を検知した場合、ランダムな時間だけ待機した後、信号を再送出する。
正しい記述です。


 したがって、エが正解となります。
※ 解説の内容は執筆時点のものであり,含まれている情報の正確性,妥当性について保証するものではありません。ご注意ください・・・

関連する(かもしれない)問題