[0081] ファンクションポイント法

平成12年度秋期 (旧)第2情報処理技術者試験より
 ソフトウェア開発の工数を見積もる方法の一つであるファンクションポイント法の特徴として、適切なものはどれか。
開発すべき成果物と,それらの成果物を作成するための作業を洗い出し、それらの作業ごとに一定の基準で見積もるので、見積りの根拠がはっきりしている。
過去に類似システムがない場合は、適用が難しい。
プログラムステップ数算定の標準値や工数換算のための標準値を用いて、開発工数を比較的容易に計算できる。
ユーザから見える画面や帳票などを単位として見積もるので、ユーザにとって理解しやすい。

正解

関連する(かもしれない)問題