[0060] ワイルドカード

平成12年度秋期 初級システムアドミニストレータ試験より
 文字列の検索を行うとき、ワイルドカードと呼ばれる機能を使うことがある。ここで使用するワイルドカードは、“%”が任意の複数の文字(文字なしも含む)を表し、“_”が任意の1文字を表す。このとき、“レ%ス_”によって選び出される文字列はどれか。
レグレッションテスト
レジストリ
レスポンスタイム
レビュー

正解

解説

 ワイルドカードとは、ファイル名やデータの文字列を検索する際に使用される、あらゆる文字の代わりになる記号のことです。この問題では、"%" と "_" ですが、 "*" や "?" などがワイルドカードとして使用される場合があります。

 ワイルドカードの記号は、アプリケーションやOSによって若干異なりますが、基本的には、
    ・任意の複数文字列を表す
    ・任意の1つの文字列を表す
の2パターンある場合が多いです。

 この問題では、“レ%ス_”なので、
    (任意の複数文字列)(任意の1文字)
に合致するものが正解となります。これは、選択肢アの
    グレッションテ
が正解となります。
※ 解説の内容は執筆時点のものであり,含まれている情報の正確性,妥当性について保証するものではありません。ご注意ください・・・

関連する(かもしれない)問題