[0051] コンピュータアーキテクチャ

平成11年度春期 (旧)第2情報処理技術者試験より
 コンピュータの基本構成を表す図中のに入れるべき適切な字句の組合せはどれか。



正解

解説

 コンピュータの構成要素に関する問題です。

 コンピュータを構成する主な機能としては、入力、記憶、制御、演算、出力があり、これらをあわせて、5大機能といいます。この問題を解くには、コンピュータの5大機能について知っていることが必要ですが、問題図の矢印の流れに注目して、解答を得ることが大切です。

a には何がはいるか?
a で注目すべきは、a からすべての装置への破線矢印が引かれています。破線矢印は、制御の流れなので、a はすべての装置へ対して制御を行なっているわけです。したがって、a は制御装置となります。

b には何がはいるか?
b で注目すべきは、b に対しては、すべての装置との実践矢印が引かれています。実勢矢印は、データの流れなので、b はコンピュータ上のすべてのデータを扱っていることになります。したがって、a は記憶装置となります。

c には何がはいるか?
c は、入力装置、出力装置とのデータの流れ、制御の流れがありません。流れとしては、a (制御装置)からの指示を受けて、b (記憶装置)とのデータの入出を行っています。これは、制御装置から指示を受け取って、記憶装置上のデータに対して演算を行っていると考えるのが妥当でしょう。演算装置であれば、入力装置、出力装置と直接やりとりすることはないので、解答としては矛盾がありません。

 以上の考察をもとに、先程の図に装置名と、その具体的な部品名も書き入れてみましょう。だいぶすっきりすると思います。



 よってエが正解となります。
※ 解説の内容は執筆時点のものであり,含まれている情報の正確性,妥当性について保証するものではありません。ご注意ください・・・

関連する(かもしれない)問題