[0013] プロトタイピング

平成12年度春期 初級システムアドミニストレータ試験より
 システム開発技法の一つであるプロトタイピングの特徴に関する記述として、適切なものはどれか。
開発の各段階を逐次進めていくので、開発管理が容易である。
システムの一部(サブシステム)の開発プロセスを繰り返していくので、工程の後戻りが起こりにくい。
設計上の誤りの発見が遅れがちである。
利用者と開発者の間の、システム要求についての解釈の違いが早い段階で確認できる。

正解

関連する(かもしれない)問題