今日の一問!  解答・解説のページへ

ワープロソフトや表計算ソフトなどで印字処理を行う場合,プリンタへ直接出力を行わずに,対象データを磁気ディスクにいったん格納しておき,実際のプリンタ出力は専用プログラムに任せる方法がある。このように,アプリケーションの実行と実際のプリンタ出力を分けることによって,どのような効果があるか。
アプリケーションの実行開始から印刷完了までの時間を短縮することができる。
大量の画像を含む文書の修正が可能になる。
単位時間当たりの処理量が向上する。
プリンタ出力のときに,フォントの変更が容易である。

このサイトについて

メールマガジン「徹底研究!情報処理試験」のアーカイブサイトです。

平成21年4月より新試験制度が実施され,試験範囲や試験形式は変更されましたが,個々の設問をみていけば旧制度と大きな違いはありません。過去問の丸暗記は通用しなくなっていくとは思いますが,知識を習得するための過去問練習は有効な方法であると考えられます。メールマガジンおよび関連サービスは現在休止中ですが,こうした状況を考慮し,アーカイブサイトとして存続させていくことにしました。

本サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。