今日の一問!  解答・解説のページへ

セキュリティ技術に関する記述のうち,適切なものはどれか。
地震や火災に対しては,フォールトトレラント方式のコンピュータによるシステムの二重化が有効である。
データの物理的な盗難や破壊に対しては,ディスクアレイシステムやファイアウォールが有効である。
伝送中のデータへの不正アクセスに対しては,HDLC プロトコルの CRC 方式が有効である。
メッセージの改ざんやなりすましによる不正アクセスに対しては,公開かぎ暗号方式を応用したディジタル署名が有効である。

このサイトについて

メールマガジン「徹底研究!情報処理試験」のアーカイブサイトです。

平成21年4月より新試験制度が実施され,試験範囲や試験形式は変更されましたが,個々の設問をみていけば旧制度と大きな違いはありません。過去問の丸暗記は通用しなくなっていくとは思いますが,知識を習得するための過去問練習は有効な方法であると考えられます。メールマガジンおよび関連サービスは現在休止中ですが,こうした状況を考慮し,アーカイブサイトとして存続させていくことにしました。

本サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。